赤ちゃんの絵本

【はじめて出会う絵本】 ちっちゃなおさかなちゃん

《あらすじ》

ちっちゃなおさかなちゃんがママをさがしています。ひろーいひろーいうみのなか、おさなかちゃんは、つぎつぎにおともだちとであって…

 

世界中で翻訳されているおさかな絵本

作者のヒド・ファン・ヘネヒテンはベルギーの人気絵本作家。このおさかなちゃんは、イギリスやフランスをはじめ、世界10ヶ国以上で翻訳されている人気のシリーズで、順番に読んで世界を広げていく楽しさがあります。

くっきりはっきりの目を引くビジュアルは、少し長い文章に耳慣れさせるのにも有効でしょう。

おさかなちゃんが海の底でママを探し回っていると、カラフルなカニやヒトデたちに出会います。カニはブクブク、ヒトデはツンツンなど、オノマトペっぽい名前で親しみが持てます。しかも、生き物とオノマトペが同じ色合いで、絵と言葉がうまく直結するよう考えられているところは注目です。

 

発見あり、ほっこりあり。

まずは絵をじっくり見せてから、オノマトペ(音の言葉)を聞かせ、「ママ~」の呼びかけにお返事してあげる。この見開きごとのくりかえしが、自然と想像する楽しさを育みます。

カニの赤、ヒトデの橙、巻貝の黄、カメの緑、クジラの青タコの紫。おさかなちゃんが出会った生き物の色は、そのままママの背中の模様だったのですね。そんな色の発見も楽しいおさかなちゃんの本です。

最後に登場するママの大きさとハッピーな色合いは、おさかなちゃんの気持ちそのものでしょう。

 

 

Profile 【監修】加藤美穂子先生

一般社団法人子どもの読書サポートアシード代表理事

1988年より10年間図書館ボランティアで活動後、絵本の楽しさを広げ、ボランティアを支援する『やまがた絵本クラブ』を主宰。2010年『一般社団法人子どもの読書サポートアシード』を設立。家庭での読み聞かせの普及を中心に、様々な子どもの本の公益事業を展開している。JPIC(出版文化産業振興財団)読書アドバイザー、絵本専門士、司書。

 

 

 

 
  satomi

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail