赤ちゃんの絵本

【まずは楽しい体験を】 おおかみだあ!

《あらすじ》

おおかみがやってきた!さぁ、逃げきれるか?!

 

パパママの演出でさらに楽しい!絵本の進化を実感できる絵本

むこうから、まっくろでいじわるそうなおおかみがやってきます。さあ、どうやって逃げたらいいのでしょう? 迫ってくるおおかみを追い払えるよう、読む人が、本を傾けたり逆さにしたりして、アクティブな演出ができるところが、画期的です。動きに耐えて、絵をしっかり見られるよう、ボードブック仕立てになっているのもうなづけます。

演出の効果がさらに生きるよう、活字の大小と色を意識して、声に置き換えて読んでみましょう。さらに、絵はしっかりとていねいに見せつつも、ページめくりは、ゆっくりめくる、パッと早くめくるなど、場面に合わせてメリハリをつけると、臨場感がアップします。

ただし、勢いに乗って動かしすぎると、絵の意味が読みとれないので、ほどほどに。

 

裏表紙まで読むことをお忘れなく

裏表紙では、「もういちどはじめから?」と子どもたちに尋ねています。もちろん、みんな「もう1回!」と答えてくるでしょう。

大胆かつシンプルな色使いなので、大勢の子たちにも使えます。翻訳したのは、日本を代表する詩人・谷川俊太郎さん。たくさんの絵本を翻訳しながら、絵本の可能性を、広げてきました。『まるまるまるの本』(ポプラ社刊)も、アクティブにお話が楽しめる本です。

 

 

Profile 【監修】加藤美穂子先生

一般社団法人子どもの読書サポートアシード代表理事

1988年より10年間図書館ボランティアで活動後、絵本の楽しさを広げ、ボランティアを支援する『やまがた絵本クラブ』を主宰。2010年『一般社団法人子どもの読書サポートアシード』を設立。家庭での読み聞かせの普及を中心に、様々な子どもの本の公益事業を展開している。JPIC(出版文化産業振興財団)読書アドバイザー、絵本専門士、司書。

 

 

 

  satomi

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail