ホーム > マタニティライフ > 赤ちゃんの絵本 > 【まずは楽しい体験を】 あっちゃんあがつくーたべものあいうえお

赤ちゃんの絵本

【まずは楽しい体験を】 あっちゃんあがつくーたべものあいうえお

この記事を監修したのは

加藤美穂子先生

JPIC(財)出版文化産業振興財団読書アドバイザー

絵本の楽しみや読み聞かせの大切さを伝える。

 

《あらすじ》
2歳児さんが、集中して絵を見るきっかけになる、たべものの言葉遊び絵本

 

1ページごと、じっくり見たい 擬人化が楽しい絵

『あ』から濁音、半濁音まで含めた69音すべてのたべものが登場します。

「あっちゃん あがつく あいすくりーむ」のように、文節の一音目を同じ音でそろえてあるので、声に出すと、とても調子がよく、子どもはすぐに暗記してしまいます。

でも、この本の魅力は、何といっても擬人化された絵です。『い』のページでは、ジャム瓶が、汗水たらし、食パンにジャムを塗っていて、あまり力が入りすぎるものだから、パンは倒れないように必死で踏ん張っていて、傍らでは、クラッカーが自分にも塗って!とアピールしている。その光景を、マーガリンケースがにこにこ眺めている。さらに、文字のページでは、イチゴの子たちが落書きの真っ最中。

 

「あいうえお」も楽しみながら覚えられそう!

こまごまと描き込まれたたべものの表情から、いろんなお話が聞こえてきそう。想像力をかき立てるのは、正に絵なのですね。見て楽しく、声に出して心地いい本を、子どもたちは飽きることなくくりかえします。

楽しんで見ているうち、「いつの間にか文字を覚えていた!」ということはあるかもしれません。さいとうしのぶさんの絵本、おいしい食べものがたくさん登場し、細々とした描き込みが楽しいので、子どもたちに人気です。

 

 

バナー1280×480.jpg

 

  satomi
タグ:産後 , 絵本

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail