ホーム > マタニティライフ > 赤ちゃんの絵本 > 【まずは楽しい体験を】 だいすきぎゅっぎゅっ

赤ちゃんの絵本

【まずは楽しい体験を】 だいすきぎゅっぎゅっ

この記事を監修したのは

加藤美穂子先生

JPIC(財)出版文化産業振興財団読書アドバイザー

絵本の楽しみや読み聞かせの大切さを伝える。

 

《あらすじ》
あさごはんたべたあと、ぎゅっ ほんをよんだあと、ぎゅっ おさんぽしたあと、ぎゅっ うさぎのおやこがなんどもぎゅっとだきあいます。

 

親子でこころ温まる、ぎゅっのお話

これは、子どもへの接し方の、やわらかだけれどじつに説得力のある参考書です。

ママはうさぎの子を、1日何度も、「だいすき」といって、ぎゅっぎゅっ!と抱きしめます。そのたびに、うさぎの子は、うっとり満足そう。いったい、どんなときに抱きしめていたのでしょうか?

朝ごはんのお茶のあと、9時と10時、お家のなかで遊んだあと、お外で遊んだあと、夜寝るまえ。何していいかわからないときとおやすみのときでした。

うさぎの子が、何かに夢中になって遊んでいるときは、ママはしっかりお相手していることに気づくでしょう。つまり、抱っこは、ぽっかり空いた心のすきまを埋めるものだったのです。

 

抱っこには理由があるから たくさんぎゅっしてね

子どもは、素直に絵本から吸収します。この絵本を読んであげたら、間違いなく、いってきます。
「抱っこ~!」
どうぞ、そのタイミングをはずさないで、うさぎの子の“うっとり感”に浸らせてください。もちろん、絵本以外のときでも、
「抱っこ~!」
には、なるべく応えてあげてくださいね。子どもには、不安やさみしさなど、口では説明できない抱っこの理由があるはずですから。

パステルカラーの絵がやさしい気持ちを誘います。見返しの数字をアレンジしたイラストもカラフルでおしゃれです。デイヴィッド・ウォーカーは、現代アメリカを代表する絵本画家で、幼い子ども向けの絵本の絵を描いて人気です。

 

 

バナー1280×480.jpg

 

 

 
タグ:産後 , 絵本

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter mail