赤ちゃんの絵本

【図書館で借りて読もう】 いそっぷのおはなし 再話

《あらすじ》
約400あるイソップのお話のなかから、『うさぎとかめ』『よくばりないぬ』など、代表的なもの9話が集められた絵本です。

 

4ページに1話 短いお話で読みやすい

絵は、スクラッチ技法といわれる、細かな“ひっかききず”で表現されていて、うさぎやきつねの毛の質感が見事に出ています。『よくばりないぬ』の肉をくわえたいぬの表情や、『ひつじかいとおおかみ』のひつじかいを飲み込んだおおかみの顔など、それぞれのお話のクライマックスシーンが、ダイナミックな構図で描かれていて、しっかり脳裏に焼き付きそうです。

裏表紙までまたがって大きく描かれたキツネが、トリックスターのように、本文のあちこちに出没して、絵を見る楽しみを持続させてくれます。

 

昔読んだお話を大人になって読むと…

文章はお手本のような美しい日本語で、お話がすーっと入ってきます。子どもには、おもしろく感じる、動物や人間たちの失敗は、大人になってみると、ちょっとほろ苦く感じるかもしれません。

子どものころに出会ったお話に、まためぐりあうことができ、その深意を理解できるのも、読み聞かせのひとときがあればこそです。子どもは、ストーリーを楽しみ、大人は意味を楽しむ、読み聞かせの時間に、2倍の価値が出てきますね。

 

 

Profile 【監修】加藤美穂子先生

一般社団法人子どもの読書サポートアシード代表理事

1988年より10年間図書館ボランティアで活動後、絵本の楽しさを広げ、ボランティアを支援する『やまがた絵本クラブ』を主宰。2010年『一般社団法人子どもの読書サポートアシード』を設立。家庭での読み聞かせの普及を中心に、様々な子どもの本の公益事業を展開している。JPIC(出版文化産業振興財団)読書アドバイザー、絵本専門士、司書。

 

 

 

  satomi

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail