赤ちゃんの絵本

【夜がこわいときに】 よるです

《あらすじ》
こちこちこち。すうちゃんはよるがこわくて、ひとりでトイレになんかいけません。そのとき、むくり! ととつぜん毛布がバクになって…

 

夜中のトイレの時間も とっても素敵なひとときに

真っ暗なバックに、パッチリお目目の三日月さん。ひときわ目立つ表紙で、書店に並んでいたら、思わず手に取ってしまいます。

夜がこわくて、1人でトイレに行けないすうちゃん。おふとんの中で我慢していると、毛布がばくに変身して、ついてきてくれました。ばくは、途中の怖いものを、ばくばくばくーと食べてやっつけてくれます。そして、食べたものを、キラキラ光る町やきれいな花火に変えてしまいました。

最後に、トイレのおばけは、ばくのおしり!から、最高に美しいものになって出てきます。

 

読むのも楽しい、眺めるのも楽しい!

どのページも、暗闇に浮かび上がった色彩が、はじけるように美しい。うっとり見とれていたら、恐怖感なんかどこかへ吹っ飛んでしまいそう。暗闇も不安もなんのその、想像力は光り輝く安らぎの世界へと導いてくれます。

見返しは、すうちゃんの耳に聞こえる夜の森の風景。前と後ろで、違っているところも、見逃せません。正体がわかれば、怖さは遠のくものですね。

トイレに行くのが怖いとき持っていく“バクのおまもり”のおまけつき。ちょっぴりこわがり屋さんには、効果抜群と思いますよ。ザ・キャビンカンパニーは、阿部健太朗と吉岡紗希の絵本作家ユニット。カラフルで大胆。ファンタスティックな世界を次々出しています。

 

 

Profile 【監修】加藤美穂子先生

一般社団法人子どもの読書サポートアシード代表理事

1988年より10年間図書館ボランティアで活動後、絵本の楽しさを広げ、ボランティアを支援する『やまがた絵本クラブ』を主宰。2010年『一般社団法人子どもの読書サポートアシード』を設立。家庭での読み聞かせの普及を中心に、様々な子どもの本の公益事業を展開している。JPIC(出版文化産業振興財団)読書アドバイザー、絵本専門士、司書。

 

 

 

  satomi

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail