赤ちゃんの絵本

【パパに読んでほしい絵本】 ぶきゃぶきゃぶー

《あらすじ》
ブタおじさんのバスに乗ってくる、楽しくおかしいお客さまとのおはなし。

 

子どもたちの反応を楽しんで! ブタおじさんの奇妙な世界

意味を求めない“ナンセンス絵本”は、パパの方が得意かな。どピンクな空の下、派手な花たちを乗せた旧式バスが、まえとうしろから湯気を吹きまくって走っている。

ボンネットに乗っているのは、はだかでしましまパンツ一丁のたれ目のブタおじさん。大人は、表紙の理解不能な世界に、いきなり思考停止してしまいそう。でも、子どもたちは、この絵を見ただけで、「きゃははっ」と笑いだします。

そして、「ぶきゃぶきゃぶー」と、ページをめくるたび屈託のない笑いは加速していく。なぜ、ブタおじさんのバスに乗ると、降りるときみんな変身しているの? なぜ、あちこちにゾウや宇宙人が出没するの? 大人の突っ込みどころなんて無関係に笑いまくります。

 

ユーモアにひたる 大人もそんなひとときを

現実とお話の区別のない子どもだからこそ、ナンセンス絵本を楽しむ能力が高いようです。耳で聞きながら、絵を細かく見て、発見したことをつぎつぎ教えてくれます。

そんな子どもの気づきから、この本の魅力が見えてきませんか。こういうありえない世界をはっきり描いて見せてくれる絵本は、画家の腕の見せ所。子どもたちの想像力を大いに刺激してくれるようです。解釈は子どもたちにまかせ、大人はその反応を大いに楽しんで下さい。

読み聞かせのひとときが、大人のくたびれた心を癒し、凝り固まった頭を充分ほぐしてくれることでしょう。

 

 

Profile 【監修】加藤美穂子先生

一般社団法人子どもの読書サポートアシード代表理事

1988年より10年間図書館ボランティアで活動後、絵本の楽しさを広げ、ボランティアを支援する『やまがた絵本クラブ』を主宰。2010年『一般社団法人子どもの読書サポートアシード』を設立。家庭での読み聞かせの普及を中心に、様々な子どもの本の公益事業を展開している。JPIC(出版文化産業振興財団)読書アドバイザー、絵本専門士、司書。

 

 

 

  satomi

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail