ホーム > マタニティライフ > 赤ちゃんの絵本 > 【パパに読んでほしい絵本】 す~べりだい

赤ちゃんの絵本

【パパに読んでほしい絵本】 す~べりだい

この記事を監修したのは

加藤美穂子先生

JPIC(財)出版文化産業振興財団読書アドバイザー

絵本の楽しみや読み聞かせの大切さを伝える。

 

《あらすじ》
公園の滑り台がおかしな形だったら?いくよー。それー。

 

つぎからつぎへ、おもしろすべりだいが登場

広い公園にある、いろいろな形のすべりだいを、おんなの子とサイが、順にすべっていきます。でも、普通のすべりだいじゃないのです。

それぞれに、すーべりだい、すべりだいー、するするべりべりだいーんといった、おもしろい名前がついています。音の響きはもちろんですが、字の大きさや形も、すべりだいを連想させます。そして、言葉を具体的にイメージ、その広がりを、これでもか!と、きっちり絵にして見せてくれます。背景は、すべりだいと、ほんのちょっとした風景だけで、人と言葉に意識が集中するように考えられているようです。

 

パパにいろいろ試してほしい アレンジ読み

鈴木のりたけさんの絵本に、同じようにイメージがゆたかに広がる、おふとん、トイレ、おふろの『ぼくのシリーズ』があります。どれも発想がしなやかで、絵だけで笑えます。こちらの絵本はさらに、字でも笑えるように進化を遂げたようですよ。

絵本のおもしろさは、絵と文が作用しあって、楽しさを体験させてくれるものだと、つくづく思わされます。

あと、楽しい時間になるかどうかは、パパの読み方次第です。声の大小や、伸ばす長さで変化をつけたり、こだまさせたりと、アレンジ読みは、遊び心があふれたパパの方が得意かもしれませんね。

 

 

バナー1280×480.jpg

 

  satomi

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail