赤ちゃんの絵本

【パパに読んでほしい絵本】 うんこしりとり

《あらすじ》
このつくうんこをだしきろう!さあ、はじめるよ。

 

おとなも笑ってしまう うんこしりとり

‟こいぬのうんこ”というように、“こ”で始まって、“うんこ”で終わるエンドレスのしりとり絵本です。

最初の方は、こいぬ、こうしなど、リアルタイムの動物たちのうんこなのですが、こいのぼりあたりから、イメージがあやしくなり始め、どんどんエスカレートしていって、ついにラストは、恋するうんこまで突き抜けてしまうのです。

うんこに対するイメージが、どんどん浄化されていく気がします。それは、切り絵のきっぱり潔い感じが、まじめさを強調しているせいかもしれません。

 

まさかのオリジナル うんこしりとりに挑戦!

また、モノクロの絵に、まっしろな背景は、清潔感すらかもしだしています。そこに、レンガ色に統一されたいろいろなうんこです。色彩的には、なかなかおしゃれな配色じゃないでしょうか。それに、コーンのうんこには、粒粒がきちんとあるなど、それぞれのうんこに対するデザインセンスも、繊細で思わず見入ってしまいます。言葉と絵のイメージから、うんこをどこまで品よくできるかにチャレンジしていて、まさに、言葉+絵=プラスαのおもしろさを体感させてくれる本です。

最後に、オリジナルのうんこしりとりが作れます。キャアキャアと、子どもと一緒に、おもしろがって盛り上がれるのは、お父さんの方が得意かも知れません。いかがですか?

 

 

Profile 【監修】加藤美穂子先生

一般社団法人子どもの読書サポートアシード代表理事

1988年より10年間図書館ボランティアで活動後、絵本の楽しさを広げ、ボランティアを支援する『やまがた絵本クラブ』を主宰。2010年『一般社団法人子どもの読書サポートアシード』を設立。家庭での読み聞かせの普及を中心に、様々な子どもの本の公益事業を展開している。JPIC(出版文化産業振興財団)読書アドバイザー、絵本専門士、司書。

 

 
 
  satomi

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail