赤ちゃんの絵本

【パパに読んでほしい絵本】 しっぱい!とおもったけど

《あらすじ》

なんかいおちても、はみだしても…。失敗してもいい。そこからはじまることもあるんです。

 

親も納得 失敗しても大丈夫

親子で使える人生哲学入門書といったらいいでしょうか。日常でよくある失敗の数々。そのたびに「平気、平気。落ち込むことなんかないよ!こんな風に考えればいいんだから」と、前向きなとらえ方を教えてくれます。

文章が短いので、時間があまり取れないパパが読んであげるには、おあつらえ向きです。ユニークなのは、
「ミルク こぼしてしもた」
「It`s okay if you spill your milk」
というように、大阪弁と英語が、並んで書かれていること。
せっかくなので、どうぞ、それらしい雰囲気が伝わるよう、読んであげてください。耳慣れない言葉は、言語の広がりの体験にもなるでしょう。

 

親子で元気がもらえる とっておきの1冊

大阪弁にしたことで、いい意味でのゆるやかさと、温かさも伝わってきます。それをさらに後押ししてくれるのが、明るくはっきりした、元気な色合いの絵です。

パパが、心をこめて読んであげれば、そのまま子どもへの力強いエールになりますよ。
「しっぱいはみんなする。そこからしゅっぱつ!」
「Everyone makes mistakes that`s how you learn!」

もちろん、そのエールは、読んであげているパパにも届くはずです。トッド・パールの絵本には、他に『ええやんそのままで』(解放出版社刊)『それでもへっちゃら』(フレーベル館刊)などがあり、いずれも、明るい絵と前向きな言葉で、親子まとめて元気にしてくれそうです。

 

 

 

Profile 【監修】加藤美穂子先生

一般社団法人子どもの読書サポートアシード代表理事

1988年より10年間図書館ボランティアで活動後、絵本の楽しさを広げ、ボランティアを支援する『やまがた絵本クラブ』を主宰。2010年『一般社団法人子どもの読書サポートアシード』を設立。家庭での読み聞かせの普及を中心に、様々な子どもの本の公益事業を展開している。JPIC(出版文化産業振興財団)読書アドバイザー、絵本専門士、司書。

 
 
 
  satomi

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail