赤ちゃんの絵本

【こころに残る1冊】 おとうさん

この記事を監修したのは

赤木かん子先生

児童文学評論家

1984年に、子どものころに読んでタイトルや作者名を忘れてしまった本を探し出す「本の探偵」として本の世界にデビュー。以来、子どもの本や文化の紹介、ミステリーの紹介・書評などで活躍している

《あらすじ》
わたしはおとうさんの自転車にのって、おとうさんとでかけるのが大好きです。お気に入りのハンカチをもって今日もでかけます。

 

おかあさん、おとうさんと むすめのすてきな絆

女の子がなくしたハンカチをお父さんは一生懸命探します。それは亡くなったお母さんが刺繍してくれた、大事な大事なハンカチだったからです。

でもハンカチはどうしても見つかりませんでした。
泣きながら寝た女の子は、翌朝お父さんからハンカチをもらって胸をつかれます。そこにはお父さんが夜、一生懸命した刺繍がついていたのです。

たいていの大人は子ども用にしかみえない絵本のなかに、こんな微妙で複雑な感情が表現されてるなんて思わないでしょう。が、子どもだってかなり複雑で高度なことを感じたり考えたりするものです。

私はもう赤ちゃんじゃない、大人にならなきゃ!と小さな娘がかばわれる側の子どもから、お父さんのパートナーになった瞬間を描いた素晴らしい1冊です。

 

 

バナー1280×480.jpg

 

 

 

 

 
  satomi
ホーム > マタニティライフ > 赤ちゃんの絵本 > 【こころに残る1冊】 おとうさん

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail