仕事・産休・育休

【2019版もらえるお金】 出産育児一時金

【出産育児一時金】とは?

 

高額な出産費用をサポートする目的で健康保険から子1人につき42万円もらえる制度。加入する健康保険(組合)から、原則、直接出産する医療機関に支払われます。

出産費用は、公益社団法人 国民健康保険中央会の調べによると、平成28年度平均で505,759円。この出費をサポートするための制度です。


なお、家族の扶養になっているかたは、家族が加入する健康保険組合から「家族出産育児一時金」として支払われます。
 

金額は?

子1人につき42万円

 

もらえる人は?

健康保険に加入しているか、被扶養者になっていて、妊娠4ヶ月(85日)以上で出産したママ。

※もらえるお金は成長記録アプリ「ミルケア」で計算できます!
ninps_banner_milcare_money.jpg

 

受け取り方が3種類あります

【1】直接支払制度…もっとも一般的です。出産する医療機関に直接支払われます。ママパパは、42万円を超えた差額を、退院時に医療機関等に支払うことになります。

 

【2】受取代理制度…出産する医療機関等が直接支払制度を導入していない場合などに利用する方法です。ママパパは、42万円を超えた差額を、退院時に医療機関等に支払うことになります。なお、受取代理制度による出産育児一時金は、当該出産予定日まで2ヶ月以内となった時点から申請可能です。

 

【3】健康保険から直接受取…退院時いったん医療機関等に家計から全額支払をします。その後、健康保険に請求をする方法です。

 

手続きの方法は?

まずは出産する施設に確認してみましょう。

 

【1】の直接支払制度の医療機関なら、医療機関が申請をしてくれるので医療機関にて説明を受けて必要書類に署名、捺印します。健康保険証の提示が必要です。退院の際に、42万円を超えた差額を支払います。なお、42万円に満たなかった場合は、健康保険に手続きすれば後日精算されます。

 

【2】【3】の場合は、自分で手続きをする必要があります。加入する健康保険から「出産育児一時金支給申請書等」をもらって医療機関等に一部記入してもらう必要があるなど、少し手間がかかるので早めに準備しておきましょう。

※医療機関により手続きが異なります。健康保険組合や医療機関等に確認を。また、市区町村や組合によって、給付内容が異なることもあります。
 

厚生労働省サイト →

 

Profile 【監修者】社会保険労務士 河渕(こうぶち)ちさと先生

河渕(こうぶち)ちさと先生

室町社会保険労務士事務所所属。 流通業、企業向けの研修・コンサルティング業にて勤務後、社会保険労務士として開業。 「様々な人がよりハッピーに、より長く働けるための環境づくり」を目指し、企業の就業規則の作成・見直しや年金等の相談業務等に携わっている。自らも産休・育休を経験し、2人の男の子を育てるワーキングマザー。

 

 

  ninps

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail