妊娠中の食事

産科医に聞く、妊娠中の水分補給

 

Q:なぜ妊娠中は水分が必要なの?

妊娠中はたっぷり水分を摂るとよいといわれていますが、なぜ妊婦の体に水分が必要なのでしょうか。

 

 

A:のどの渇きは、体からのサイン

妊娠中は、初期・中期・後期を問わず、のどが渇きがち。これは、ママとお腹の赤ちゃんが水分を欲している証拠です。そもそも妊娠中は、体の血液量が普段の40%も増え、水分が必要な状態。赤ちゃんを守る羊水も水分でできています。

よく、トイレの回数が増えることや、むくみを気にして水分を控えてしまう妊婦さんもいますが、これは大きな間違い。妊娠中こそ、よいお水をたっぷりと摂り、トイレに行きたくなったらがまんせずにいきましょう。これにより、体の余分な老廃物を流し、むくみや便秘の予防にもつながります。
 

 

妊婦さんの体にとって、水分は…

  • 腎臓のはたらきを助ける
  • むくみの予防になる
  • 便秘の予防になる 

などの働きがあります。
また、水分をしっかり摂ることで肌の乾燥などの防止にもつながります。妊娠中のかさつきがちな肌のためにも「水」が重要です。気温の高いシーズンは特に汗もかきやすく、ますます体に水分が必要になります。

 

 

目安は、1日1.5リットル以上

妊娠中に摂りたい水分の目安は、1日1.5~2リットル。一度にまとめてがぶ飲みするよりも、何度かに分けてこまめに摂るのがベストです。

夏場は特に冷たい飲み物が欲しくなりがちですが、妊娠中は体を冷やさないためにも、常温や温かい飲み物がベスト。積極的に飲みたいのは、余分なものを含まない、安心な水です。その他、カフェインレスのお茶などもよいでしょう。ちなみにカフェインには、利尿作用があるため、せっかく摂った水分が体に排出されてしまい、睡眠の妨げにもつながります。ジュースは、糖分・カロリーの摂りすぎには注意しましょう。

つわり中は、少しずつでもよいので水分を摂るようにしましょう。氷のかけらをなめるなどの方法もおすすめです。なお、つわりで水を飲むのもつらい時には必ず主治医に相談を。

 

妊娠中に意識して摂りたい食材・栄養素

 

Profile 【監修】諸隈誠一先生

日本赤ちゃん学会理事/医学博士/九州大学大学院医学研究院 保健学部門 教授
1996年九州大学医学部医学科卒業。2006年4月より九州大学病院助教、2010年6月より同大学病院産科婦人科特任准教授、2011年1月より同大学環境発達医学研究センター特任准教授、2018年4月、同大学大学院医学研究院保健学部門教授に就任し、現在に至る。

 

Profile 【監修】一般社団法人NS Labo(栄養サポート研究所)

全国約1000名の管理栄養士をサービスパートナーとして、健康やヘルスケア事業に取り組む企業や法人の事業サポートやコンサルティング、管理栄養士の人材育成を行っている。

 

  ninps

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail