フォト講座

【04 | 愛しさと切なさと心もとなさと】- BABY365のある日々

★前回のお話

 

ライターという仕事柄、締め切りとのせめぎ合いは日常茶飯事だったし、寝ないで過ごす夜なんていくらでもあった。

 

ゴールが見当たらなかったとしても走りつづけることに恐怖を覚えたことはなかったし、加齢による体力の衰えは感じても、自分が持たないなんて不安になったことはこれまで一度もなかった。

 

できないことがあったなら、それは自分の力不足で、知恵や努力が足りないからだと意地でもどうにかやってきた。

 

けど、自分の努力だけではどうしようもなくて、意地を張ったところでどうにもならないことがあるということを、わたしは出産そして育児から学んだ。

 

 

間違いなく出産は、生まれて最大級とも言えるものすごい出来事だったけど、産んだからってすごいわけではないし、偉いわけでもない。

 

産んだ瞬間、オートマティックに母親になれるわけなんかなくて、たぶん出産したかどうかよりも、たとえば仮にそれが自分の子どもではなかったとしても、ひとつの命を命がけで育てていく過程こそがものすごい出来事なんだと思う。

 

わたしはまだその入口に立ったばかりだけど、そしてその未知の領域に正直まだ慄いてもいるが、世の中のお母さんたちにつづきたいと思う。

 

 

長かったようで気が付けば過ぎていた1ヶ月。出産とは、育児とは、こんなにもひとを、人生を変えてしまうものなのか。

 

泣いても笑っても振り返ればすべてが愛おしい思い出よと、義姉が言っていたけれど、まさにその通りだと思う。

 

まだその真っ只中にして、早くも過ぎた日々を愛おしく思いながら。

 

 

そして日々はつづく

 

 

★『BABY365のある日々』は毎月第一木曜日更新です。

 

■この日のBABY365

産まれてから32日.jpg

 

■赤ちゃんとの日々は毎日がたからもの

赤ちゃんと過ごす日々は、たからもののような瞬間の連続です。

フォトブックアプリ「BABY365」では、そんな瞬間を重ね、365日分を一冊の本にすることができます。はじめて抱っこした日も、ハイハイした日も、泣いた日も。そしてもちろん、とびきりの笑顔の日も、赤ちゃんとの毎日を全部「BABY365」に残してください。

appstore.png

googleplay.png

365logo.jpg

 

Profile 【著者】堀川 静

unnamed.jpg

フリーランスライター。「Hanako」や「BRUTUS」などの雑誌を中心に広報誌や地方自治体のブックレット、WEBマガジンやコーポレートサイトなど、幅広いジャンルの媒体で執筆。2018年9月に第一子となる女の子を出産。現在育児と仕事の両立を模索中。

 

バックナンバーを読む

BABY365のある日々   山本 尚恵

カテゴリー

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月
facebook twitter instaglam mail