妊娠中の食事

果物ならたくさん食べても大丈夫?

Q:果物は、たくさん食べても大丈夫?

果物はいくら食べても問題ないでしょうか?

 


A:「果糖」という糖分が含まれています。過剰摂取には気をつけましょう

ビタミンやミネラルが豊富な果物は、普段の食生活でも欠かせない食材です。妊娠中には1日当たり2~3つ程度の摂取が勧められています。〈※1〉

ミネラルや食物繊維もたっぷりなので、ドライフルーツもおすすめ。ドライフルーツには通勤バッグに入れて持ち運びしやすい利点もあります。しかし生の果物よりドライのほうが重量あたりのエネルギー(カロリー)は高めです。〈※2〉

 

また果物の中には、主に中性脂肪になりやすい「果糖」という糖分が含まれています。過剰摂取には気をつけたいものです。

生とドライ、それぞれの長所を楽しんで、適度に果物を召し上がってください。

 

〈※1〉「妊産婦のための食生活指針」について(厚生労働省)
〈※2〉日本食品標準成分表2015年版(七訂)

 

※内容を一部修正いたしました(2019/1/25 14:00)

 

Profile 【監修】諸隈誠一先生

日本赤ちゃん学会理事/医学博士/九州大学大学院医学研究院 保健学部門 教授
1996年九州大学医学部医学科卒業。2006年4月より九州大学病院助教、2010年6月より同大学病院産科婦人科特任准教授、2011年1月より同大学環境発達医学研究センター特任准教授、2018年4月、同大学大学院医学研究院保健学部門教授に就任し、現在に至る。

 

Profile 【監修】一般社団法人NS Labo(栄養サポート研究所)

全国約1000名の管理栄養士をサービスパートナーとして、健康やヘルスケア事業に取り組む企業や法人の事業サポートやコンサルティング、管理栄養士の人材育成を行っている。

  ninps

カテゴリー

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月
facebook twitter instaglam mail