妊娠初期症状

【妊娠初期症状】微熱・寒気・熱っぽさ

風邪?それとも妊娠?

なんとなく体がだるかったり、微熱が続いたり、寒気がしたり…。妊娠の初期には風邪のひきはじめによく似た症状が出ることがあります。

 

避妊していないなど心当たりのセックスがあり、生理が来ていないなら、妊娠の可能性があります。実は微熱や熱っぽさも妊娠初期症状のひとつ。

 

もしも妊娠していれば、受精卵が子宮に着床し妊娠が成立する頃、体の中では、妊娠を持続させるためのホルモン(プロゲステロン)が多く分泌され、その影響で体温が平熱より少し高い、いわゆる「高温期」がしばらく続きます。普段から基礎体温をつけている人であれば、生理予定日になっても高温期が続いていることで、妊娠にも気がつきやすいでしょう。

 

体温の上がり方は人それぞれですが、一般的に、平熱より1℃前後高くなることが多いようです。37℃台になると、風邪を疑ってしまうのも無理はありません。寒気が出ることもありますが、妊娠期間がもう少し後になり、からだが安定してくると自然に寒気はおさまってくることが多いようです。

 

009_1.jpg

 

妊娠超初期に、薬を飲んでしまった場合は

生理予定日より前、まだ妊娠に気づかない時期に感じやすい症状のため、風邪だと思って薬を飲んでしまった…というケースも多いようです。飲んでしまった場合もすぐに影響が出ることは心配するほど多くはありませんが、飲んだ時期と薬の成分がわかれば、妊娠に対して影響があるか調べることができます。まずはひとりで悩まずに医師に相談をしましょう。

009_2.jpg

 
 

妊娠初期症状に関する記事

 


妊娠初期の行動

 

Profile 【監修】諸隈誠一先生

日本赤ちゃん学会理事/医学博士/九州大学大学院医学研究院 保健学部門 教授
1996年九州大学医学部医学科卒業。2006年4月より九州大学病院助教、2010年6月より同大学病院産科婦人科特任准教授、2011年1月より同大学環境発達医学研究センター特任准教授、2018年4月、同大学大学院医学研究院保健学部門教授に就任し、現在に至る。

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail