妊娠初期症状

【妊娠初期症状】便秘やお腹のガス

便秘は、腸の蠕動(ぜんどう)運動機能の低下

妊娠初期の症状として「便秘」が「ガスによるお腹の張り」があります。これまでは快便だった人でも便秘になってしまったり、もともと便秘気味の人は、さらに悪化することも。これは、妊娠中に分泌される「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の働きが、原因のひとつです。

 

「黄体ホルモン(プロゲステロン)」は、子宮内膜を厚くして受精しやすい状態を作り、さらに妊娠の維持を助ける、妊娠には欠かせないホルモンのひとつ。子宮の筋肉の収縮を抑え、胎児が育ちやすいように子宮をゆるませ守ってくれる働きをします。しかし、このホルモンが腸の筋肉の動きも抑制してしまうため、妊娠初期から便秘が起こりやすくなるのです。

 

また妊娠中期以降になると、大きくなった子宮が腸を圧迫し、これも妊婦さんならではの便秘の原因となります。

 

妊娠初期の便秘は、どうすればスッキリ?

003_2.jpg

妊娠初期は、つわりもあって食生活が偏りがちな時期ですが、できれば食物繊維の多く含まれる食材を意識して摂りましょう。りんごやドライプルーンなどのフルーツ類や、酢昆布、寒天などであれば、比較的口にしやすいかもしれません。また、水分を多め摂ることも大切です。水やカフェインの少なめのお茶などをこまめにとることを心がけてみましょう。※からだの負担になりがちなので、あまり冷たいものを大量に飲むのはさけた方がよいでしょう。

 

生活面で心がけたいのは、排便のタイミングを逃さないこと。毎朝、トイレに行く習慣を心掛けしましょう。体調がよければ、医師に相談のうえ軽めのウォーキングやマタニティヨガ、ストレッチなど、適度な運動をするのも有効です。

 

食事、生活に気をつけていても改善しないしつこい便秘や、お腹が苦しい時は、必ず主治医に相談を。妊娠中でも服用できる薬があります。

 

※市販の便秘薬の中には、アロエなど妊娠中には禁忌とされる成分が含まれるものがあります。自己判断での使用は、ご注意ください

003_2.jpg

 

妊娠初期症状に関する記事

 


妊娠初期の行動

 

Profile 【監修】諸隈誠一先生

日本赤ちゃん学会理事/医学博士/九州大学大学院医学研究院 保健学部門 教授
1996年九州大学医学部医学科卒業。2006年4月より九州大学病院助教、2010年6月より同大学病院産科婦人科特任准教授、2011年1月より同大学環境発達医学研究センター特任准教授、2018年4月、同大学大学院医学研究院保健学部門教授に就任し、現在に至る。

  ninps

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail