妊娠初期症状

【妊娠初期症状】頻尿・尿漏れ

妊娠初期にトイレが近くなることも

いつもよりすぐにトイレに行きたくなる、夜中に何度もトイレに起きる…。個人差はありますが、排尿回数が増えることは、妊娠初期に起こりがちな症状のひとつです。

 

これは、妊娠した子宮が少しずつ大きくなるために、子宮のすぐ前方向にある膀胱を圧迫することが原因。トイレに行ってもあまり出ない、それでも何回も行きたくなる。これらはあまりに頻繁でなければ、ある程度は体の変化に伴う生理現象ですので、心配はいりません。

 

子宮がもっと大きくなり、お腹のほうに上がってくる妊娠中期には、頻尿は治まることがほとんどです。ただし、妊娠後期に入り出産が近づくと、今度は下がってきた赤ちゃんの頭に膀胱を圧迫されるようになるため、再び排尿回数が多くなってきます。

 

017_1.jpg

 

水分を控えるべき?

お仕事をしている妊婦さんにとっては、日中の頻尿は切実な問題ですね。仕事中に頻繁に席を立つことの気まずさがあるかもしれませんが、トイレの我慢は禁物です。また、水分摂取も控えるのではなく、こまめに少量を口に含むようにしましょう。

 

妊娠初期症状に関する記事

 


妊娠初期の行動

 

Profile 【監修】諸隈誠一先生

日本赤ちゃん学会理事/医学博士/九州大学大学院医学研究院 保健学部門 教授
1996年九州大学医学部医学科卒業。2006年4月より九州大学病院助教、2010年6月より同大学病院産科婦人科特任准教授、2011年1月より同大学環境発達医学研究センター特任准教授、2018年4月、同大学大学院医学研究院保健学部門教授に就任し、現在に至る。

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail