ホーム > 妊娠・出産の基礎知識 > 妊娠初期症状 > 生理が何日遅れたら妊娠の可能性?【医師監修】

妊娠初期症状

生理が何日遅れたら妊娠の可能性?【医師監修】

この記事を監修したのは

諸隈誠一先生

医師、医学博士/九州大学大学院医学研究院 保健学部門 教授/日本赤ちゃん学会理事

1996年九州大学医学部医学科卒業。2006年4月より九州大学病院助教、2010年6月より同大学病院産科婦人科特任准教授、2011年1月より同大学環境発達医学研究センター特任准教授、2018年4月同大学大学院医学研究院保健学部門教授。

 

【目次】

 

生理の遅れ:1週間以上遅れたらチェックを

女性が自分で妊娠に気がつく、最もわかりやすい初期症状・兆候が「生理の遅れ」です。妊娠すれば、生理は止まります。では何日整理が遅れたら妊娠の可能性があると言えるでしょう。

 

答えは、生理周期が順調な人であれば、生理が1週間以上遅れたら妊娠の可能性を考えてよい頃となります。

 

生理の遅れから、どのくらいで妊娠が確定する?

妊娠したかも?と思い始めてから、はっきりわかるまでは誰でも不安や心配になるもの。生理予定日を1週間すぎたころから市販の妊娠検査薬を使って、まず自分で調べることができます。

shutterstock_620722475.jpg

 

妊娠していれば、妊娠検査薬を使うと生理が遅れて1~2週間後には陽性の反応が出ます。

 

 

また、生理周期が不順な場合や生理周期を記録していなかったかたは、妊娠初期の症状や兆候があてはまったり、妊娠の心当たりがあるときには、なるべく早めに受診しましょう。

 

 

 

004_1.jpg

 

産婦人科を受診するタイミングは?

産婦人科の受診は、生理周期が順調な人なら生理予定日の2週間後あたりを目安にしてはいかがでしょう。この時期あたりから、超音波エコーで胎嚢(たいのう)が確認でき、妊娠の診断が確定しやすいといわれています。あまり早く行き過ぎると、胎嚢(たいのう)が確認できずに「来週もう一度来院」ということもあります。

 

 

なお、生理周期が不順・曖昧な場合は上記とは異なります。あくまで目安としてご参照ください。また、お腹の痛みや出血がある場合は、はやめに受診を。わからない時は産婦人科にまずは電話で問合せしてみるとよいでしょう。

 

生理の遅れ以外の妊娠の兆候は?

妊娠をすると生理の遅れ以外にも、身体にいろいろな兆候が出始めます。頭痛・肌のべたつき・腰痛・頻尿・胸がはる・眠い..など、それぞれの症状については下記をご覧ください。
 

なお、妊娠でなくても生理がいつもより遅れる場合や、心配な点がある場合は必ず受診しましょう。

 

妊娠の兆候に関する記事

 


妊娠初期の行動

 

 

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail