妊娠初期症状

【妊娠初期症状】腰痛・腰の痛み

腰痛は、意外にもホルモンの影響も

妊娠初期の症状としてまだお腹が大きくなっていない時にも、腰痛を感じることがあります。

これは妊娠中に分泌されるホルモン、“リラキシン”によるもの。“リラキシン”には、骨盤の関節を作っている結合組織やじん帯をゆるめ、赤ちゃんが骨盤の中を通りやすくなるようにする働きがあります。妊娠するとごく初期からこの働きが始まりますが、骨盤がゆるむと、ゆるんだ関節を支えようと腰の緊張が強くなり、これが腰痛の原因になります。腰だけでなく、おしりの奥の方や足の付け根、恥骨あたりが痛むこともあります。

 

骨盤はいくつかの骨が組み合わさって形作られています。関節とは骨と骨のつなぎ目ですから、痛くなるのはその部位、つまり解剖学的な言葉で表すと、仙腸関節、股関節、恥骨結合という場所です。妊娠中はイラストのように仙腸関節が狭まって恥骨結合は広がっていきます。

001_1.png

妊娠後期になると、お腹が大きくなってきてからだの重心が前に傾きます。お腹の重みを背側で支えることになるため、自然に身体を反らしてバランスを取ろうとします。この姿勢は、背骨の自然なカーブを反対方向に反らしてしまうため、腰の筋肉や結合組織、じん帯に負担がかかります。お腹が大きくなった後はこうした腰痛が起こる可能性もあります。

 

妊娠中の腰痛改善は、腹帯、温め、運動

■ 腹帯や骨盤ベルト

骨盤がゆるむことが原因で起きる腰痛は、骨盤の周りを腹帯や骨盤ベルトで支えるように巻くと、骨盤が安定することがあります。これで痛みが和らぐことがあります。装着の位置が、普段着用する「ベルト」よりずっと下のほうなので、できれば助産師に正しい付け方を教えてもらいましょう。

なお、お腹全体もしめつけてしまうガードルは、あまり腰痛への効果は期待できません。

 

■ 温める・血行を促進する

冷えは、腰痛を悪化させます。普段の生活の中でも腰は冷やさないこと。お腹を圧迫しにくい大きめのショーツを履いたり、苦しくなければ腹巻きを使ってみてはいかがでしょう。使い捨てカイロは、低温やけどに注意が必要です。

また入浴はシャワーで済まさず、できるだけ湯船につかり、からだを温めて疲れをほぐすようにしましょう。血行がよくなると腰痛がやわらぐことが多いようです。

 

001_2.jpg

 

■ 適度な運動をする

適度な運動で筋肉を動かすとよけいな緊張がとれ、腰痛の改善が期待できます。妊婦さん向けの腰痛体操やエクササイズも試してみるのもよいですが、妊娠初期はあまり無理をしないことがベスト。また、痛いのを我慢して無理やり動かすと、かえって体を痛めることもありますので注意しましょう。

筋肉がしっかりしていると筋肉の力でからだを十分支えることができるので、腰痛にもなりにくいもの。体調を相談しながら、少しずつ体作りをしていきましょう。ウォーキング、マタニティスイミング、マタニティヨガ、マタニティビクスなどでからだを動かすことは、気分転換になるかもしれません。

 

妊娠初期症状に関する記事

 


妊娠初期の行動

 

Profile 【監修】諸隈誠一先生

日本赤ちゃん学会理事/医学博士/九州大学大学院医学研究院 保健学部門 教授
1996年九州大学医学部医学科卒業。2006年4月より九州大学病院助教、2010年6月より同大学病院産科婦人科特任准教授、2011年1月より同大学環境発達医学研究センター特任准教授、2018年4月、同大学大学院医学研究院保健学部門教授に就任し、現在に至る。

  ninps

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail